卑弥呼蔵

先日、三次にユニークなお店があるときき訪ねた。もともとは明治から続いた『万寿乃井』さんという造り酒屋だった。日本酒好きな広島県民?の方ならご存知かしら~~。まず、駐車して目に飛び込むのはこちら↓なんとも芸術的!廃蔵再生にご尽力されていて、手弁当でさまざまな道に秀でた方が北は北海道、南は沖縄から集まって座談会ならぬディスカッションが年1回催されている模様。
お食事戴けるのは赤猫さんの建物
中に入ると古きよい日本の伝統を上手に活かしていらっしゃる。帯は、オーナーさまのもの。
この素敵な笑顔の女性は、代表取締役の宇坪涼美さん。お着物が大好きで、冬はほとんどお着物でお過ごしらしいです。
すべて手作り。お味噌汁にお手製の塩麹もはいっていて美味。お水はお酒に使われる、これまた質の良いものをご使用。
青猫さんもあります。こちらは宿泊可能。身一つ?で行っても大丈夫!中も昔と今がうまくドッキングしていて、温かかさを感じた。お食事できるまで、ご自由にど~ぞ!と言われたモンで非常に素直??な私は、建物内を散策???させていただいた。
古いものを残していくことは、半端ではないエネルギーがいる。新しいことをする以上に、力がいるんじゃないかと思う。。ヨーロッパの街並みをみてもわかるが、日々暮らす人たちの絶え間ない見えない努力、協力あってこそ!(法的に細かくいろんなことが決められている)日本人はもっともっと日本文化がいかに「粋」であるかを知り、誇りを持ってもよいのではないか。。昨今はお子ちゃま的文化が主流な気がするが、本来とても粋で温かくて独特のわびさびのある大人の文化なんだと個人的に感じている。オーナーの宇坪さまと日本文化、伝統の素晴らしさ、大切さをお話させていただくことができました。本当に、情熱をもって取り組んでいらっしゃる素敵なお方。お互いかなりレア??な共通の知り合いがいるとわかりこれまたびっくり。ドライブへ県北へ出向かれた際はど~~ぞ!卑弥呼蔵http://himikokura.com/

こだま美由希オフィシャルピアノ教室

ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。広島県広島市在住の音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000