3秒の法則

毎日 暑いですね。。こちらで視覚的に涼んでくださいませ!貝殻を眺めていると、なんだか癒されます。。
子供のレッスン生は、夏休みに入りプールに部活に塾にと有意義な時間を過ごしているようだ。大人のレッスン生、お仕事、お疲れ様です。最近、気付いたのだが、レッスンでやっている『3秒の法則』これが、古株さんたちは意識しなくても答えていることだ。以前は い~ち に~~~い さ~~~~~~んなんて数えていたが、今は必要ナシ。これは、私が留学時代日本人の留学生からレッスンを受けるにあたり助言されて意識しドイツで生活したこと。日本人は質問されると、ん~~~って沈黙して考えこむことが多いけど西洋人はそれが耐えれない。レッスン中、わからなかったり曖昧なものは、なるべく早く「わからない」と言うようにと。3秒数えて出てこなければ、わからないと答えればよいと助言。要は、わかっていればすぐ答えることができるという考え!そうなのだ、脳みその真ん中まで入っていればすぐ答えは口から出る。今ひとつだと、なかなか出ない。そして考えている時間がモッタイナイ!!何がわかってないのか何がわからないのか一緒に考えたほうが実りがある。レッスン生に、私は3秒しか待てないから!って言うと、ウルトラマンより短いとも(笑)例えば、「ハ長調とイ短調の関係は?」とたずねると、「お友達」と返ってきた。「それも悪くないね~~」と 答える私。答えは 平行調♪これは、わかりませんと言う代わりに機転を利かせた答え!本人も忘れてしまったことを認めて答えている。古株レッスン生たちは、機転を利かせた答えを忘れたときによくする。これがなかなかユニークな答えなのだ。そりゃ 一度で覚えることできたらそれにこしたことは無い。しかし、人間 反復して習得するようになっている。誰が この世に生まれ、初めから二足歩行できたであろうか??言葉を操ることができたであろうか?何度も ひっくり返りながら 重い頭を支えることができるのだ。間違えること、失敗することは恥ずかしいことではない。むしろわかったふり 考えるふりをする方が 恥ずかしいのだ。何度も 何度も 反復して覚えればよい!反復こそが力になる!子供のレッスン生たち、夏休みの間よく遊び よく学び よく練習しよう!普段できない経験も存分にしてほしい!!大人のレッスン生暑い毎日ですが、体を労わりつつおさらい会へ向けて 早め 早め の準備を心がけましょう!!

こだま美由希ピアノ教室・広島

広島市中区にてピアノ教室主宰。ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000