初夏へ向けて・・

先日 「spring! ヴァイオリン大好き」 のコンサートを無事 終えました。GWの最終日のお忙しいなか、沢山の方に足を運んでいただき心から感謝、ありがとうございます!高橋さんの熟慮されたプログラムに、皆さん楽しまれたことと存じます。一部のオペラシリーズオペラのピアノ伴奏は、コルペティというオペラを熟知した専門職と言っていい分野である。(秀でた方は、声楽の方たちのレッスンもできてしまわれるほど!!)私も、今回できることを(意味を調べたり、オペラに関して紐といてみたり。。)準備し臨ませていただいた。塩井さんにも、色々お教えいただき感謝である。本番後「安心して歌えました」と 言っていただき 肩の荷が下りた。第二部ヴァイオリンの超絶技巧の素晴らしいソロ等、皆さん高橋さんの益々パワーアップされた演奏に陶酔されたことでしょう。頭脳明晰であり、音楽に対する情熱が溢れていましたね。恐らく 広島初演のコルンゴルドの歌曲これも 塩井さんと合わせをし、練りに練ってみた。。「今回我々ができることをしましょう」と。変拍子など頻繁にあるが、楽譜を見なければサホド感じない。今回 こういう歌曲に出会え 演奏できたことに感謝する。そして・・ピアノソロ。。。私としては、ゆがんだ愛情を受け入れていく過程で気が狂っていくとでも言おうか・・・人間世界しか起こらない、割り切れないもの、ぶつけたいけど どこへぶつけたらよいかわからない感情、そんなものを凝縮した時間の中で表現したかった。フランス映画って 時として すごく残酷さを クールに表現していることもあって驚かされることもある。伴奏をする中で、ソロのときうまく頭を切り替え望みたいと。。(これ、ピアニストの人ならわかっていただけると。)比較的 うまくスイッチを入れ替えられたと思う。今回も共演者の高橋和歌さん、塩井京子さんと充実した時間をすごせたこと多くのことを学ばせていただいたことに心からお礼申し上げると共にお二人の益々のご活躍を祈念しております。また、スタッフの皆さんにもお世話様になりました。初夏に向けて また 取り組んでいこう!P.S.お忙しい中、友人、知人、レッスン生、保護者の皆様応援に駆けつけていただいて、心温まるお言葉も頂戴し本当にありがとうございました!!また、精進して参ります!!!

こだま美由希オフィシャルピアノ教室

ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。広島県広島市在住の音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000