練習 気が乗らない時、練習するorしない?

日頃の感謝を込めて ただいまLINE@ご登録の方限定で 

プレゼント企画参加希望の方受付しております♪ (国内の方に限ります) 

2018年8月11日(土)正午 受付終了!

練習 気が乗らない時、練習するorしない?

これは性格にもよるけど、

気が乗らない時の練習も大切。


(ある程度の年齢になれば、いろんな練習の仕方がありますので

一概に言えない所はありますけどね)


なぜなら・・・

気分的にいつも上々で本番に臨めるとは限らないですよね?


何かあって気が重いときも本番はやってくる。

体調を万全にと心がけていても思いがけないこともある。

etc etc・・


そういうとき、最低限というか、

気分が乗らないからできなかったんです

とは言えず。。。


そういうとき狼狽しないためにも

日々、気が乗らないとき、

どうすれば自分で自分のご機嫌をとれるのか?

不調な中でも最低限、やることを集中してさっと切り上げようとか・・


これは社会に出ても同じですよね?


学生の頃はある意味、休みたければ(ズル休みも含めて)

できちゃいますね?


だけど社会に出れば今日は行きたくないから

うまくプレゼンができそうにないから

体調がすぐれないからって簡単に休めないことも多い。


学生時代、メンタルで甘えていたのに

急に社会で厳しさを求められても反応できない・・


夏休み、小麦色になりながらも毎日練習している姿。

もちろん、いつも MAXウキウキで練習できないこともあると思う。


だけど、そのときできることをやっていく。

そうしていると思った以上にできた!

なんていう副産物がやってきたり

自分はこういうとき、こういう精神状況だと

散漫するんだなとかわかってくると思う。


夏休みも早いもので半ば・・・


練習は決して裏切らない!

これ、本当ですよ^^





こだま美由希ピアノ教室・広島

広島市中区にてピアノ教室主宰。ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000