子育て、人育ての鍵は「信望」by 加藤健志コーチ

子育て、人育ての鍵は「信望」by  加藤健志コーチ

 加藤健志コーチは、金藤理絵選手をリオデジャネイロオリンピックで

200m平泳ぎで金メダルに導いた人ですね。


ヒマワリ、最近は改良型もあっていろんな種類がありますね。

夏がそこまで来てるなあってヒマワリをみると思います^^


その加藤コーチが育てるということは

「辛抱」ではなく「信望」であると。

信じて希望を持ち続けること。


金藤選手もなかなか目の出ない時期があったとか。

それでも加藤コーチは必ずこの選手は目が出ると信じて疑うことなく

金藤選手もコーチについていくことに迷いはなかったと。


育てる人もいろんなことを考え思いながらやっているわけですが

やはり、指導している人をどれだけ信じ望みを持ち続けるかということ。


今、行われているサッカーW杯の日本代表もそうだけど

監督、選手、おそらく裏方さんなどとの信頼関係って

ものすごい強固なものなんだろうなと。


あれだけの批判を浴びて結果を出すことって難しいけど

前回の悔しさも、それらすべてを力に変えている。


おっさん、おっさんってわたしゃすでに老婆じゃないか・・笑

でもそれだけ、旬の時期は短いスポーツなんでしょうね。


今回ちょっと背伸びしてコンクールに挑戦している人もいる。

親御さんとも話し合い、本人の性格も見極めた上で。


結果はね、残念だったけど、本番は一番よいものが出ていた。

なにがすごいって本番近くなると

細部に注意することが大切なことを理解し始め

諦めずに最後の最後までやったこと。

レッスンへの真剣度も変わったね。


当初は、来年のために聴きにいってもらおうと考えていたけど

課題曲をみるとできなくない・・・

お引越しの後、一緒にレッスンを始めて

誰が強制するでもなく、小学低学年だけど

自発的に毎日練習している。

そこを褒めても「当たり前でしょ!」

といったようなクールな表情だ^^


信望=人々の信用と人望


口で言うは易しですが

「辛抱」することあっても、「信望」に変えて行くべく行動したいですね。


悔しさも、痛みも、批判もすべて力に変える。

それがいつ花開くのか?

きっとそういう目先や雑音に心奪われるのではなく

自分を信じて日々、「いざ」というときのために精進する。

そんなことを今回のサッカー日本代表は教えてくれているなあって思います。





こだま美由希オフィシャルピアノ教室

ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。広島県広島市在住の音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000