子供っぽさって必要 だけど 音楽は書いてある通りに・・

コンクールにでるとなると、

細かいところまで注意して練習しなきゃいけない。


これがまあ、なんともときに苦痛なわけだ。




スラーで書いてあるところを、無視して弾いてしまう、

強弱も自分がしたつもりではなく、聴き手が理解できて

はじめてそう表現していると言える。


本当に一瞬一瞬、零コンマで音楽は過ぎ去っていく。

あっ!!!って思ったときはすでにとき遅し。


幼稚園のお子さんなら

あら!可愛い^^ で済まされることも

小学生になってくるとそうはいかなくなってくる。


天真爛漫な子供っぽさはもちろんあってよい。


だけど楽譜を表現するときは

年齢にかかわらず、どこまで楽譜を理解し

忠実に書いてあることをやって

その中で表現していくか・・


もちろん多くの子供はそんなことはできればしたくない。

楽しく書かれていることはそっちのけでいたい。

できればそのまま上手になりたいというのが

本音ではなかろうか。。


それで上手になってくれれば、大人も万々歳であるが

そうは問屋が卸さない。。


理解できるレベルの曲できちんとやるべきことを学んでいく。

その積み重ね。

それが10年後、20年後に花開く。。


コンクールに出ることなく、ただ少し演奏できるようになればいい

という趣旨であればそこまで細かさはなくてもいいだろう。


だが、一度コンクールに出ると決めて向かうとなると

演奏上の子供っぽさは徐々に卒業する必要がある。


なんとも不思議なもの

ある意味、矛盾しているというか。。


お箸を勝手にきちんと持てるようになるのは難しいのと同じく

大人が指導者があきらめず辛抱強くあらねばならない。


曲を書くということは本当に大変なことなので

学ぶ側も曲に書いてあることに愛情を持って

取り組んでいきたいですね^^


「美しさを求める、表現する」ということは

ピアノに関わらず

きめ細やかさ、厳しさ、ときに自分を律すること・・・

そんなことが大切であることを

幼いながらも少しづつ皆さんが理解していってくれたら

嬉しいなあ。。


さてさて、本番もすぐそこ!

だからこそ再度、楽譜をよくよく観察してみよう!!

まだまだ気づくことがあるはずだぞ!!!

こだま美由希ピアノ教室・広島

広島市中区にてピアノ教室主宰。ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000