こだま美由希アカデミア レッスン風景 〜手をかけるということは?〜

今日はアカデミアのレッスン風景を。

小学低学年の男の子の連弾風景。(月の光に)

カメラマンはお母様^^

(お母さんのセンスでお願いしま〜す と頼みます^^)


コンクールの曲は細かいことも言うので

みんなため息が出ることもあるけど

連弾は楽しみな様子。


一人で練習するけど、レッスンで合わせたときは

どんな感じになるんだろう〜〜!ってね^^


おお!!一人のときより素敵じゃないか!!

と、感激しながら演奏している。

親御さんも

「一人のときとは全然違って響きが素敵になりますね〜〜^^

 本人も顔が嬉しさでいっぱい、演奏もイキイキしてます」

そう言われると、レッスン生も嬉しいね♪


私も思うんだなあ。

細かいことをアドヴァイスして、ため息つく姿見ると

「やらなくてもいいですよ」と言えば

ある意味お互い楽な面もあるだろうなあって。

だけど、ゆくゆくこの積み重ねなくして

さらなる先が先細りになることを知りながら

「やらなくていいですよ!」

と無責任なことはやはり口にできないんですね。


私自身、そのあたりで苦労した部分も多いにあるので

同じ経験はさせたくない。

でも、時代や様々な環境ということもあるので

そこは後進のレッスンに活かすために

そのような経験をしたんだろうなと今は思います。


子供は天真爛漫。

遊びが仕事であり、大好き。

だけど、楽しいことだけでなく

やるといったことは責任があることも知っていくことも大切。


親御さんもピアノ(ヴァイオリンも然り)を習わせたら

その労力は習わせないご家庭よりかなり大きいと思うんですね。


毎週のレッスン、コンクールまでの準備、本番の緊張感・・・

数えたらキリがない。。


レッスン中、改善すべきことを(レッスンを受ける姿勢など)

アカデミアの親御さんはお家で注意というか、話して聞かされるので

どんどんマナーなど改善し集中力が増すので本当にありがたい。


これは私がお願いしたわけではなく

自然にされている。


手をかける=甘えさせる

と言われることもあるけど

これはちょっと違うかなと。


手をかける

これは、場合によってはうっかり見落としそうなことも

気づけば話す、

子供だからと大人が緩めるのではなく

挨拶など基本的なことをできるまで導いていく

そんなことじゃないかと私は思うんですね。

大人もぶれずに接していかないといけないので

大人の忍耐が試されます。


それが9つまでにやっておく大切なことの一つではないかと。


甘えさせる

これはときに、子供の支配下に親がなってしまう。。

ある意味子供のいいなりですね。。

これが当たり前になるとちょっと危険なことは

説明しなくてもおわかりいただけるかと。。


幼い頃、手をかけてもらったことは

その後の人生で励みになり、力に変えて

大きく開花しながら進んでいくことでしょう。


これからさらに多くのことをアップデートを重ねていきましょうね!








こだま美由希ピアノ教室・広島

広島市中区にてピアノ教室主宰。ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000