横山幸雄 世紀の4大ピアノ協奏曲演奏会

昨日は前々から楽しみにしていた

横山幸雄さんの演奏会へ。。


ベートーヴェン、ショパン、チャイコフスキー、ラフマニノフの

錚々たるピアノ協奏曲。

いや〜〜、脱帽、そして非常に贅沢なプログラムです。。


演奏はもちろんすべて暗譜。

オケの楽譜も頭に叩き込まれている様子。


協奏曲や室内楽は、すべての楽器のことを

知っておく必要があります。

だから、ピアノの部分だけを学べばいい

というものではないんですね!


それにしても、あの長時間の集中力、

男性的でありながら非常に繊細かつ大胆。

体は無駄な動きがなく

非常に緻密な建築家というか。。

細部にわたる緻密さ、(分析や読譜)を感じました。


ベートーヴェンはとても大きな音の曲が多い印象だけど

70%が”p”か”pp"と言われる。

奏でられる音にそっと耳を澄ませたくなる

そんな表情もあれば、

その繊細さが表現されるからこそ活かされる

"f"の力強さ。

なるほど、なるほどと感じながら拝聴しました。


指揮者の下野さんとも世代的に同じくらいのようで

同世代だからこその信頼関係もあった演奏に感じましたね。


どこまでも安定した引きこまれる素晴らしい演奏会でした。


どこまでも挑戦されるお姿に

頭が下がります。。


お衣装も後半はロシアの貴公子のような。。

やはり、衣装も大切なもんだと。

男性でもこんな意表のつきかたもあるんだなあってね。



すべて感想を書いているとと〜〜っても長くなりそうなので

この辺りにして・・・


帰りは、広島はフラワーフェスティバルが

近くで行われていて、少し散歩方々歩いてみました。

(実はこの歳にして初のフラワーフェスティバル。)


平和公園で様々な催し物がされていました。

フラワークイーンのお綺麗なお嬢様方も。


充実した素晴らしい時間、刺激を受け学ばせていただきました^^


引き続き、素敵なGWをお過ごし下さいませ♪

こだま美由希ピアノ教室・広島

広島市中区にてピアノ教室主宰。ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000