楽譜を色分けしてみよう!(おもいで)

おもいで

この曲は、多くのお子さんが練習する曲。

今年は全国津々浦々のご家庭で響き渡っていることと・・


分散和音の練習だけど

2段目まで見る限り、Ⅰ度とⅤ度のみ。

だけど、なにもマークせず練習していると

ただの紐?のようにソレシレを繰り返してしまう危険性も。


例えばⅠ度のグループはピンク、

Ⅴ度は紫と決めてマークしていくと

ちょっと複雑そうに見えていたものが

スッキリしませんか?


暗譜の間違いも減りますね。

頭の中でⅠ度の響き、Ⅴ度の響きをイメージしてね。

けっしてソレシレの上に右手のメロディがノッテいるのではなく

Ⅰ度の響きの上にメロディがのっかっている。

これを意識することが大切だね!


複雑そうに見える楽譜をどう簡潔にしていくか!

これも譜読み。

ただただ音を読むことだけが譜読みに陥らないよう

最初の段階から紐解く作業をしましょうね^^


今回は「おもいで」を題材にしたけど

他の曲でも応用できますね♪

こだま美由希オフィシャルピアノ教室

ドイツ国立デトモルト音楽大学卒業、ドイツ留学中、ドイツ・イタリアにて演奏活動、これまでにPTNA G級西日本大会にて奨励賞受賞、広島交響楽団と共演。広島県広島市在住の音色から情熱と愛を紡ぎだすピアニスト。 英才教育の一環として子供にピアノを活かせるエリートジュニアクラスや初心者の大人でも基礎から楽しく学び、趣味としてピアノ演奏を嗜む傍ら、演奏家として歩む道をレクチャーしています。

0コメント

  • 1000 / 1000